採用情報

募集要項

(株)エム・エス・アイをフォローしましょう

たのめーる
MSI-SHOPはオフィスの
「ない」をすぐにお届け!!

FLEXSCHE
多様な製造業のニーズに適応するための柔軟性を極めた新世代の生産スケジューラフレクシェ

TALON
ノンプログラミングの超高速開発・運用ツールTALON

船井総研-ITベンダー経営

ホーム > 導入事例 > G Suite 導入事例

G Suite 導入事例


unnnohousemain.jpg

 

お客様に喜んで頂くための接客ツールとして「iPad」を活用


G Suite 導入の経緯

(佐藤様)

 住宅をお求めになるお客様は、30代の方が半数以上です。この年代のお客様に如何にして「土地情報」などの最新の物件情報を迅速かつ効果的にお伝えするかが課題でした。

 また、お客様に興味を深めていただき、より充実したお客様対応が必要と考え、iPadをテスト導入しました。その結果、モデルハウスでの情報提供の際にとても効果的なことが判り、全営業マンに60台のiPadを配布を決めていました。しかし、数多くのiPadに効率良く確実に情報を配信して管理するためには、iPad標準のツールだけでは限界が有り、何か良いツールはないかと検討していました。

 

 

解決策はこれだっ!


G Suite 導入の経緯

(佐藤様)

 そんな中、偶然にもMSIさんからG Suiteのご提案が有り、これだ!と思いました。社員同士の情報共有だけでなく、従来の手法では限界を感じていた容量の大きいデータの保管についても、同時に解決できるすばらしいツールでした。

 それだけでなく、利用者のアイデア次第で業務の拡張、CSへの革新的な寄与、社員や取引先満足度の向上、また経営革新の一助になる可能性などが導入の決め手になりました。

 

 

お客様への情報提供にスピードが生まれました。


G Suite 導入後の効果について

(佐藤様)

u00.png

 社員が自分で工夫しながら利用しています。iPadを利用しながらプレゼンしたり、動画をお見せしたり、写真をたくさんお見せしたり、お客様への情報の提供にスピードが生まれています。

 また、ポータルサイトを準備して、まずはこれまでFAXや紙ベースで回覧発信していた「社内通達」を同サイト上で掲載することで、重要情報の共有化と伝達精度の均一化が図られました。通達発信情報の関連文書の保存が同時にかつ部門ごとになされ、いつでも閲覧できる状態が保たれているので、見返しなどにも便利で、常に情報が整理されている状態になりました。

 さらに、全社カレンダーを構築でき、部門ごとの研修や会議など、全社員が把握できるようになりました。他部門の動きが分かるようになったことで、会社の動きを知ることができるようにもなりました。

 そしてまた、パソコンの入れ替え時に、メールのバックアップ、インポートが不必要となり、クラウドの便利さを痛感しております。

 大きいデータや、複数人にわたる会議資料なども、「ドライブ」によるデータの共有で、そのままiPadで閲覧可能なので、発信側も 受け手側もスマートに事前に内容の共有ができています。支店から集まって会議をするという場合でも、プリントアウトして資料を配っていましたが、今は会議の途中に、資料を議題に合わせて、資料のリンクを共有する形で配布しています。iPadを用いて会議をしているので、とても便利です。

 期待以上だったのは、ソフトのバージョンアップは、利用料の支払のみで行われるため、新しい機能が利用できるというワクワク感もあり、「Gmailの画面変わったよね?」といったようなコミュニケーションが活発になってきています。

 

 

スタッフ間の情報共有が楽になりました。


G Suite 導入後の効果について

u03.jpg

(伊藤様より)

 外部スタッフ(アウトソーシング)8名の方に対して、CADデータそのものや、PDFなどをGoogleドライブにアップロードして、共有しています。外部スタッフの方には、@gmail.comのアカウントを取得して頂いています。うまく同期できないなどの課題も最初はありましたが、今は便利だねと言って頂いています。以前はデータをメールに添付していましたが、現在は、ドライブにデータをアップロードするだけなので、添付漏れが無いんです。作業終了の連絡を頂いた時点でドライブを確認して、対象のデータが無ければすぐ連絡を行えるようになりました。同じデータの保存先を見ながら、確認し合えるのはとても便利です。データを探す時間も短縮されました。今は、依頼先専用の共有フォルダを作成して、利用しています。

 更に、情報が欲しいときはスプレッドシートを共有して、質問事項をそこに書いてもらい、回答を準備するといった方法をとっています。

 

GAEでの開発について


(佐藤様より)

 宮城のお客様が山形の物件を探していたり、お客様が求めている情報が、支店のエリアだけで完結しないということがありましたので、情報を共有したかったんです。データベースはありましたが、活用の度合いが違っていました。そのため、G Suiteのインフラ上にシステムを構築して、デスクに居ても、モデルハウスに居ても、同じ情報を共有できるようにしました。開発の最終段階なので、テスト的に動かしていますが、早く稼働させて活用したいと期待が膨らんでいます。

 

G Suiteを利用した今後の展開


(佐藤様より)

 ナレッジ的な使い方を更に進めていきたい。単に情報の発信ツール・共有ツールに留まらず、社員の問題・課題の提起、あるいは他支店情報の水平展開、または予防処置、成功事例やCS関連事項の自店・自部署応用など、スピードある対策が打てる「動的」な攻めのシステムにしていきたいです。

 また、デバイスの進歩などへも期待しつつ、お客様と直接お会いする場面でもどんどん取り入れ、一生に一度の家づくりをより分かり易く、楽しんで頂けるような当社ならではの活用を考えていきたいです。

(伊藤様より)

 Group機能を活用して、複数の関係するスタッフに、同時に情報を共有して、更に円滑に情報共有できるようにしていきたいです。

 

導入担当者様からのコメント



u02.jpgG Suiteでは、使いやすくなるための改良が日々行われ、提供されてすぐ使えます。これまでにない全く新しい感覚を覚えています。当社は専任のシステムエンジニア的な人材はおらず、そういった面でも、クラウドの良さを実感しており、コストに充分見合うメリットと捉えています。

初めは、アカウント保有者をしぼろうかとも思いましたが、PC利用者全員が活用することにして良かったと思っています。

 

マーケティング&ブランドマネジメント企画部
佐藤 昌久

<担当業務>

販売促進、商品戦略企画などを主たる業務に、企業の価値向上のための仕事をしているつもりでおります。
ホームページが販売促進用のツールの一種であり、なぜかそんな微妙なところから社内LANやファイルサーバーなどのIT的な管理担当者も行なっております。

 

企業情報


 

u05.jpg

 山形、福島、宮城の南三県を対象エリアとして、注文住宅を主体として、事業をさせて頂いております。自由設計で、お客様のご要望に合わせて、社内の設計スタッフがプランをして、社員の施工管理者が現場監督をして建設をしてお引き渡しをするという、肝心なところはアウトソーシングしないという方針で、事業を行なっております。自社工場もあり、品質の研究開発にも力を入れて、よりよい住宅を提供するという熱意で、創業から55年の社歴を持つ会社でございます。

 

社名

株式会社ウンノハウス

所在地

 ・本社:山形県山形市大野目4丁目1-37

 ・山形営業部:山形県山形市大野目4丁目1-37

 ・県南支店:山形県米沢市金池5丁目3-2(金池センタービル1F)

 ・仙台支店:仙台市青葉区上杉3丁目9-59

 ・福島支店:福島県福島市吉倉字前田25ー5

 ・天童事業部:山形県天童市大字久野本字日光1257

従業員数

150

代表者

代表取締役社長 後藤修一 

設立

19592

 

ご質問・お問合せはお気軽にどうぞ!
お客さまの課題やニーズご予算に合わせて最適な解決方法を
ご提案させていただきます。お気軽にお問合せください。

《受付時間》月曜日~金曜日(10時~18時)
資料請求
お問合せ

TOPに戻る

Copyright (C) MSI Co., Ltd. All rights reserved.