採用情報

募集要項

(株)エム・エス・アイをフォローしましょう

msiSHOP
MSI-SHOPはオフィスの
「ない」をすぐにお届け!!

FLEXSCHE
多様な製造業のニーズに適応するための柔軟性を極めた新世代の生産スケジューラフレクシェ

TALON
ノンプログラミングの超高速開発・運用ツールTALON

船井総研-ITベンダー経営

MSI社員ブログ

2019/05/30

Reiwa

こんにちは 
 
システム本部システムインテグレーショングループの月田です。
 
平成から令和に変わってひと月が経過しようとしています。
 
日常生活にどのような変化があったでしょう。
 
私自身は元号が変わっただけで特に大きな変化は感じておりません。
 
 
ただし国民全体が新しい時代の幕開けとして希望に満ちているような感じは受けます。
 
 
昭和生まれの人間として古い時代の人間になったような気がしますが、
 
人口比率としては平成生まれの人口はまだ25%程度です。
 
昭和は64年まであり、よく考えると天皇在位として長すぎるような気がします。
 
今後はこんなに長く続く元号は無いことでしょう。
 
昭和は長いので昭和生まれの人口比率は、あと50年くらいは平成生まれに抜かれることは無いのではないでしょうか。
 
 
 
令和とういう元号は見慣れましたし、違和感はありません。
 
ただ、
 
R01.05.30
 
このような表記は違和感を感じます。
 
最初見たときに何の記号かと思いました。(リビジョン?)
 
ごみゼロ運動の開催日 令和元年5月30日
 
H31.05.30 だとピンときますが
R01.05.30 だとピンときません。まだ慣れてないのでしょう。
 
 
元号発表時から話題になっておりますが
 
令和18年にはもっと盛り上がるでしょうね。
R18(18歳未満禁止)
 
 
 
平成の時代は良い時代でした。
 
令和の時代も良い時代にするために 謙虚・誠実・一所懸命 生きていきたいものです。

« はじめてのジュウ | MSI社員ブログトップ | つなぐ »

ご質問・お問合せはお気軽にどうぞ!
お客さまの課題やニーズご予算に合わせて最適な解決方法を
ご提案させていただきます。お気軽にお問合せください。

《受付時間》月曜日~金曜日(10時~18時)
資料請求
お問合せ

TOPに戻る

Copyright (C) MSI Co., Ltd. All rights reserved.