採用情報

募集要項

(株)エム・エス・アイをフォローしましょう

msiSHOP
MSI-SHOPはオフィスの
「ない」をすぐにお届け!!

FLEXSCHE
多様な製造業のニーズに適応するための柔軟性を極めた新世代の生産スケジューラフレクシェ

TALON
ノンプログラミングの超高速開発・運用ツールTALON

船井総研-ITベンダー経営

HOME > MSI社員ブログ > 2019年は変化の年

MSI社員ブログ

2018/12/29

2019年は変化の年

新年あけましておめでとうございます。

今回のブログはクラウドソリューション営業部の小谷が担当します。

皆様年末年始は有意義に過ごせましたでしょうか?

「一年の計は元旦にあり」という言葉通り、私は毎年元旦は計画を立てていますが、今年も完成度7割位で終わってしまいました。

 

さて、本記事のタイトルにある通り、今年は非常に変化が多い年になるかと思います。

変化の意味を改めて調べてみたところ、「ある状態・位置から、他の状態・位置に変わること。」だそうです。変化はいい意味でも悪い意味でも使えるんですね。いい変化だけだといいのですが、個人的に気になる2019年の「変化」をあげてみました。

 

「働き方改革」へ労働基準法改正

残業時間の上限規制や年次有給休暇の取得義務化がありますね。

有給休暇の取得率は日本は先進国でも低く、平均消化率はおおよそ48%らしいですね。

生産性向上という言葉を来年は更に多く聞くことになりそうです。

 

新元号の公表、改元

平成生まれの私は初めて元号が変わるので、何だか不思議な感じです。

SNS上でも予想合戦的なことがされていました。

余談ですが予想の最有力は「平和」だそうですね。

 

消費税が10%へ

消費税が3%から5%になったのは1997年、消費税が5%から8%になったのは2014年です。

ここまで17年の開きがあったのに、8%から10%になる(予定)のはわずか5年なんですね。

増税前の駆け込み需要は不動産業界が大きいようで、8%にあがる前の2013年は新設住宅が大幅に増加したそうですね。

家は引き渡しを行なった時点での税率が適用されるそうなので、予定通りに行けば2019年9月30までの引き渡しは8%になるそうです。

 

他にも色々あるみたいですが、この3つが個人的に気になる「変化」です。

皆様も体調には気をつけて今年1年頑張りましょう。ではまた。

« ハルビン市 | MSI社員ブログトップ | 年末年始の行事 »

ご質問・お問合せはお気軽にどうぞ!
お客さまの課題やニーズご予算に合わせて最適な解決方法を
ご提案させていただきます。お気軽にお問合せください。

《受付時間》月曜日~金曜日(10時~18時)
資料請求
お問合せ

TOPに戻る

Copyright (C) MSI Co., Ltd. All rights reserved.